園児の異送迎から街頭演説用の選挙カーまでに使用されるマイクロバス

保育園や幼稚園児の送り迎えに使われているのがマイクロバスです。このマイクロバスは園児だけでなく、少年野球や部活動の学生などを乗せて遠征先までに移動したり、高齢者の日常の足としてやデイサービスやデイケアなどの移動にも利用されていて、11人以上乗れることが条件となっています。このバスにのるためにの免許は中型車免許が必要であり、バスそのものも中型車料として扱われています。業務用の用途としては、工場などの作業員を送り迎えする自家用車量、ホテル、結婚式場、葬儀場、飲食店、病院、自動車教習所、ゴルフ場など一度に一定数の人数を乗せて移動するために利用されています。最近では地方でも使える中型車両であることを活かして地域の足として使用することが増えており、過疎地域や都市部の高齢者向けのコミュニティバスとしてや、路線バスとして機能している自治体もあります。また、以外なところでは選挙カーなどもこれに入ります。特に政党の幹部が大規模な街頭演説をする際にもこのバスが使用されることが多くなっています。マイクロバスは、幼稚園児や保育園児や部活動の学童、そして企業・工場員などの無料送迎などにまで幅広く使用されています。